スマートフォン解析

【警視庁捜査一課9係11】 最終話の感想 渡瀬さんも野際さんもお元気でいてほしいです。


ある日、倫太郎(渡瀬恒彦)は神田川警視総監(里見浩太朗)から古本を手渡された。富豪夫人の殺人事件の冤罪を扱った小説で、裏表紙に「日本の警察へ この国から冤罪は無くならない」と手書きの献辞が。倫太郎は1週間前に発生した大富豪夫人・千寿子(田岡美也子)殺害事件を思い出す。遺産相続人である甥の寺田(福崎峻介)が逮捕され、捜査は終わったはずだが…。倫太郎は暗に再捜査を依頼されたことを悟る。

 一方、ボルダリングのオープンスペースで、ゴシップ雑誌のライター田野倉の転落遺体が発見された。真澄(原沙知絵)の検視の結果、何者かに別の場所で殺害されたことが判明する。被害者の部屋を調べた青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、彼が千寿子殺害事件を調べていたことを知った。その途端、青柳が部屋を飛び出した! 続きを読む

    今日の人気記事

    Error: Feed has an error or is not valid

    Error: Feed has an error or is not valid

    Error: Feed has an error or is not valid

【警視庁捜査一課9係11】 第10話の感想 よかったな、ああいう話は哀しいけどスキやな


下町の小さな一軒家で一人暮らしていた女性・登志子(多岐川裕美)が殺害され、金品が奪われる事件が発生。すぐに渡部(小野武彦)という男が逮捕され、事件は早期解決したものと思われたが、パトカーで移送中、渡部が浮かべた穏やかで晴れやかな笑みが、倫太郎(渡瀬恒彦)に強い違和感を残した。

 渡部は8年前の強盗傷害致死で服役、前日に仮釈放されたばかりだった。今回の登志子も一見同じような状況に思えるが、渡部は犯行を否認。持っていた登志子のハンドバックはコインランドリーで男が隠したのを拾っただけで、殺したのはその男だと言い張った。 続きを読む

    今日の人気記事

    Error: Feed has an error or is not valid

    Error: Feed has an error or is not valid

    Error: Feed has an error or is not valid